メンバー紹介

鎌田 幹夫, Mikio Kamada, Ph.D.

*LinkedInページはこちらへ
Reseachmap登録情報はこちらへ
publication listは,こちらへ
職歴
  • 1977-2005年 ソニー(株) 半導体事業部・中央研究所・インターネット研究所・国際協力部など
  • 2006年- 株式会社 ACORDO 代表取締役社長
  • 2011年- 株式会社IBLC(Idea Bank Liaison Company) 顧問
研究活動暦
  • 1991-1992年 米イリノイ大学客員研究員(John Bardeen Chair Visiting Scholar)
  • 1997年 日本規格協会国際標準化プロジェクト「映像の生体影響」研究員
  • 1998年 厚生省厚生科学特別研究「光感受性発作に関する臨床研究」基礎研究班 (ポケモン事件)
  • 1998-99年 半導体産業研究所ヘルスケア委員会委員
  • 1998-02年 JEITA 映像生体影響委員
  • 2002-03年 鳴門教育大学大学院非常勤講師 “mediated communication”
  • 2003年 名古屋大学大学院特別講義”メディアプロフェショナル論講座”ゲスト講師
  • 2007年- 厚生労働省「食品の安全についての普及啓発のためのツールおよびプログラムの開発に関する研究」
  • 2012年 21世紀政策研究所 研究プロジェクト 外部連携の強化に向けて-中堅企業に見る日本経済の新たな可能性- 研究委員
分野
  • 半導体
  • 材料生成・素子開発・素子作製プロセス技術開発・素子動作解析・評価システム

  • 生体計測
  • 映像の生体影響・生体計測による感情推定・メタ情報自動生成・感情情報カー

  • コミュニケーションシステム
  • 感情を伝えるメディアコミュニケーションシステムの開発およびと評価

  • 国際協力
  • 遠隔教育効果評価・プロジェクト評価・費用対効果分析

  • 各種評価分析
  • 材料特性・素子動作・生体状態・感情状態・コミュニケーションパフォーマンス・プロジェクト

  • 教育ゲーム開発
  • 対面で行う教育・研修ゲーム/ワークの開発

    特徴
    • 原子層レベルの材料形成からデバイス,人間の生理,心理,コミュニケーション,コンテンツ,コミュニティ,プロジェクトなど,幅広いレーヤを対象とする.
    • 研究開発において,製作,設計,評価,解析分析など幅広いジョブを経験.
    • 以下の産学協同等様々なプロジェクトに参加し,異なる分野の根底にある考え方を習得.
    • 理学部:北大・東北大・阪大
      工学部:東北大・京大・金沢大・Berlin工科大・Illinois大
      医学部:福岡大・東北大・新潟大・横浜市大・北里大・昭和医科大・順天堂大
      教育学部:鳴門教育大

    • 以上の経験をもとに,柔軟で幅広い考え方を特徴とする.