感情科学とコミュニケーション

研修の特徴

感情は,論理的思考と共に,人間の情報処理機能の一つですが,その性質は著しく異なります.人間の精神活動は,これら二つの異質な系によるコラボレーションと言うことができるでしょう.そしてそのコラボレーションは,多くの場合,意識されることはありません.

感情は,その曖昧さ故に,長い間,科学の対象とはなっていませんでした.しかし,心理学,脳科学などの進歩により,感情の機能が少しづつ科学的に理解されはじめています.コミュニケーションや意思決定など,感情が大きな影響を持つ局面において,これらの知見は特に有益です.

本講座は,コミュニケーションメディアにおける感情伝達を研究してきた講師が,メディア開発者向けに始めた講義を元にしています.講義を重ねるうちに,感情科学が,開発者だけでなく一般のビジネスパーソンにも非常に有益であること,および,メディアへのアプリケーションを考えていく上においても,その多くのヒントが,日常のコミュニケーションに存在することが分かってきました.本研修は,感情科学およびコミュニケーションにおける感情伝達について,体験的ワークをとりまぜ,科学的にまた直感的に理解出来るユニークな講座です.

感情科学とコミュニケーション研修 概要

日程:1日間.

人数等:1チーム:4~5名.総人数:16~30人.

プログラム:

  • 事前アンケート・課題 (感情の役割など)
  • 感情科学基礎
  • コミュニケーションにおける感情伝達
  • メディアにおける感情伝達
  • 実習など
  • 事後アンケート
対象者
  • コミュニケーションスキルを磨きたい方
  • 意思決定における感情の存在に気づき,その関係を学びたい方
  • メディアに感情情報を導入しようと考えている方
料金
  • 1企業実施型:基本料金20万円 + 参加者1人当たり2万円
  • オープン実施型:参加者1人当たり3万円

*他社様と一緒に実施する場合もあります.