Collaboration 研究会

ACORDOが主催するコラボレーション研究会は,グループワークの本質・効果・応用に興味をもつ方々が,実際の体験を通じて学びあう場です.参加者にとって,新たなグループワークを体験するとともに,その内容を議論し発展させる良き機会となります.
ACORDOは,この研究会をオープンな実践および研究開発の場として位置づけています.
*現在,休会中.

対象とするグループワーク

研修・カウンセリング・ゲーム・教育などで用いられる「複数の人々によって何らかのルール又はシナリオをベースとして進行するプロセス」全てを対象とします.特定のジャンルにフォーカスするのではなく,広く全体を展望し,そこから本質的知見を見出すことを主眼とします.

セッションの構成

典型的には,体験セッションと直後に続くディスカッションセッションの2本立てです.

メンバーの資格

特にありません.内容に対する興味があり,他のメンバーと協力関係が作れること,及び建設的な議論が出来ることが条件です.

活動の場及び時間帯

活動場所:大崎付近(不定).
曜日:平日に活動しています(水・木が多い).月1回のペース.
時間帯:典型的には13:00-16:00.

活動実績
2009/2/26 グループワーク:サイトネーミング (original)
2008/12/25 自然で魅力的な演奏の秘訣
2008/10/23 意思決定・合意形成シミュレーション (original)
2008/9/18 パワハラ (original)
2008/8/28 作文構成アルゴリズムについての検討
2008/7/24 Collaborated Thinking (original)
2008/6/19 カードゲーム (original)
2008/5/22 Collaborationシミュレーションゲームver.2 (ACORDO original)
2008/4/24 サイレント・コオペレーションゲーム
化学の大逆転(環境情報科学センター)
2008/3/13 Collaborationシミュレーション ver.1
2008/2/14 新しい発想法による意見文作文
2008/1/10 対戦型食安全学習ゲーム(original)
2007/12/13 発想支援作文法
2007/11/15 すごろく版食育ゲーム(original)
2007/10/18 ゲーム版2Dイメージ展開法(original)
2007/7/5 職場のエチケットを題材とした2Dイメージ展開
2007/8/23 触覚マップから感覚を考えるワークショップ
コーディネータ:福岡大学医学部公衆衛生:守山正樹教授
2007/7/5 職場のエチケットを題材とした2Dイメージ展開
2007/5/31 セクハラに関するワークショップ
2007/4/20 Wify/二次元イメージ展開法のバリエーション
2007/3/29 Crossroad game
  Wify: “What is important for you?”
2007/2/1 二次元イメージ展開法
2007/1/11 インバスケットゲーム
2006/11/16 DVワークショップ・カードゲーム(人生のスイッチ)
2006/9/7 ゲーム:6mimt!・UERFLI XXT
2006/8/17 テーブルゲーム
2006/7/6 CockroachPoker
2006/6/1 San Juanルール変更の効果
2006/5/18 San Juan
2006/4/6 将棋駒くずし・“3つの封筒”で考える児童虐待
2006/3/2 沈黙は金
  お魚ゲーム(草の根援助運動学生班作成)